元祖レールバスよ再び
(南部縦貫鉄道)

東北本線野辺地駅から七戸の20.7kmを結んでいたのが南部縦貫鉄道です。
沿線のロケーション、そして個性的なレールバスが特徴の路線でした。
開業当初から使われていたレールバスは運転席に変速ギアとクラッチがある非常に珍しいものでした。
途中の営農大学校前駅の近くに東北新幹線の駅が出来る予定でもし新幹線が開業するまで走っていればまた少し状況が違っていたのかも知れません。