しなの鉄道の紹介


『しなの鉄道』は長野新幹線(北陸新幹線)の開業に伴い、JRから経営分離される並行在来線(旧信越本線、軽井沢〜篠ノ井間)を引き継ぎ、1997年10月1日に開業した「第三セクター」の鉄道です。
整備新幹線の開業に伴うJRからの経営分離路線を引き継ぐ鉄道としては全国で初めてのケースとなりました。

車両はJR東日本より譲受した115系電車33両、169系電車12両からなり、115系は主に小諸以北の長野までの運用に用い、169系は小諸〜軽井沢間と快速「しなのサンライナー」に用いられています。
信越本線時代からの慣例により、現在も軽井沢方面が上り、篠ノ井、長野方面が下りとなっています。
原則として3両一編成での運用が基本となりますが、朝間ラッシュ時を中心として2本併結の6両運用も設定されています。そのための途中駅の増解結も一部存在します。
ちなみにしなの鉄道における最長編成は平日朝の快速「しなのサンライナー」の169系3連の9両編成です。
篠ノ井からはJR東日本に乗り入れて長野まで運行されています。JR東日本からの乗り入れもあり、列車番号3000番台が充てられています。現在9往復の設定があります。
その他坂城と西上田にオイルターミナルがある関係でJR貨物が乗り入れています。そのため西上田の窓口業務はJR貨物に委託されています。
列車検査等の規模の小さな検査・修繕は戸倉車両基地で、その他は屋代駅構内の長野電鉄の関連会社、長電テクニカルサービスの屋代車両工場で実施されます。

従来の第3セクター鉄道との大きな違いは廃止対象の赤字ローカル線を引き継ぐ従来のものとは違い、しなの鉄道の場合、転換直前まで特急列車が頻繁に走っていた本線ということから全線複線電化の高規格路線であり、また、沿線人口の多さと長野県特有の貧弱な道路事情のおかげで一定の鉄道利用客を見込めるということがあります。しかし新幹線に並行する在来線には転換交付金が支給されないということや、鉄道施設・車両一式も無償提供とはならずにJR東日本から約100億円で「購入」する破目となり、以降も一切の交付金なしで運営しているためその影響で現在債務超過となっており厳しい経営が続いていますが、経営改善策などを打ち出し今後も東北信地域の重要な足として活躍していくでしょう。


戻る