長野電鉄

券売機発行の乗車券と特急券です。

券売機での入場券は設定のない駅もあります。
信濃吉田駅は有人駅の中で唯一硬券入場券がありません。
そのためでしょうか、券売機に設定があるのは。。

あらかじめ特急料金が含まれている特急乗車券です。
特急停車駅の券売機に設定があります。

屋代駅はしなの鉄道に委託していますのでしなの鉄道様式での発行となります。
ただし特急券などの設定はありません。

しなの鉄道屋代駅の窓口に設置しているPOS端末の乗車券です。
ただし発行できる駅は限られていて東屋代、雨宮、松代、須坂の4駅のみです。

硬券入場券は駅名補充式もあります。

硬券乗車券は長電独特な書式です。
全て左から右への表記です。
行き先の料金が同一の駅が複数ある場合などで1段から最大4段まで表示があります。
ただし4段のものは木島線廃止後新規での発行は無くなりました。

硬券の特急乗車券は小布施と湯田中にあります。


長野からJRと屋代からしなの鉄道への連絡きっぷです。
地紋の色を社線内乗車券と変えています。

特別急行券です。
下段のものは車内で発行する軟券です。

硬券の小人券です。

社線内用の補片です。
硬券での設定です。

こちらの補片は連絡運輸用です。

長野駅の日本一大きな入場券です。
B型硬券もあります。
残念なことに現在長野駅は入場券以外の硬券の扱いをやめてしまいました。
その他須坂と信州中野も同様です。

日本一大きな入場券は小布施駅にもあります。
小布施駅のものは名産品の栗の写真入りです。
裏には小布施の観光マップが書かれています。

2日間有効のフリー乗車券です。
長野駅でのみ発売しています。

10系OSカーの引退記念に発売された1日乗車券です。
D型硬券は長電では初めてです。
通常はチケッターによる入鋏ですが特別に鋏にしてもらいました。

車内乗車券です。
ついに木島線の駅名が消えてしまいました。
長電もワンマン運転がメインになってきましたが信州中野〜湯田中は車掌乗務です。

出札補充券です。
駅に置いてあるものは地紋がこくてつとなっています。
かなりの年代モノです。