岳南鉄道




一部記念乗車券のものを含みますが、最近岳南鉄道さんも印刷所を変更したようです。

材質、印刷の感じなど富士急のものと同じです。

新様式の乗車券です。
利用の多い区間から少しずつこちらに変わりつつあるようです。
ただしこれらの券も印刷所の変更によりわずかの期間と言うことになってしまうようです。
券面右上に岳南鉄道の社紋が入ります。
一番下の吉原本町からの両矢式の券は新様式の券になってから初めて見るような気がします。

日産前までの小人券は駅名補充の乗車券です。
吉原本町と岳南富士岡は日産前まで小人券はこの様式です。
ほかの有人駅にもあるかもしれませんが時間の都合で確認していません。


吉原からの連絡乗車券です。
地紋の色、書式を社線内乗車券と変えて区別できるようになっています。
下段の券は吉原駅で発売している券ですが、他の有人駅のものと様式が異なります。

連絡乗車券も一部のものはA型になります。
A型の連絡乗車券は吉原本町では名古屋市内、東京山手線内などがありましたが一番安い焼津・藤枝行きを購入しました。。

往復乗車券もA型硬券になります。
吉原本町には写真の沼津以外には三島、熱海、静岡がありました。
他の有人駅には社線、JR連絡とも往復の設定は無いそうです。

準片は吉原からのJR連絡用であります。
もともとはB型硬券ですが下部を切り落としますのでさらに小さくなります。

車内で発行の整理券です。

補片はJR連絡である程度の距離以上でないと本来は発行してもらえないのですが、最近は収集家が多く来るとのことでJR連絡が前提となりますが、小人最低運賃から発行してくれます。
岳南鉄道は切符収集家に理解がある会社です。

1日フリー乗車券は400円と大変お買い得です。
土日祝の発売です。

車内補充券です。
現在はワンマン運転のため入手は多客時対応となっているようですが、平日に限り鉄道課で発行してもらえると聞いたことがあります。