下北交通大畑線
(2001.04.01廃止)


本州最北端の地へ 大畑 (98.03.15)

大湊線大畑駅のホームに降り立つと反対側に下北交通のキハ85が止まっていた。元国鉄キハ22だった車両は塗色や車内の客室仕切りなどが撤去されているなどの手が加わっているものの、ほぼ原型をとどめていた。まもなく発車した列車は田名部まではあまり速度を上げることはなかった。田名部をすぎてからしばらくすると白樺林の中を走るようになり、冬の間は止まらない樺山を通過した。このあたりはどちらかというと東北というよりは北海道を思わせる風景が続く、車窓右手に海が見え始め着いた終点下北は遠く津軽海峡の先に北海道が見えるそんなところに駅があります。
廃止という話が出たとき、国鉄廃止対象路線を第3セクターではなく、地元のバス会社という民間が引き継いだ数少ない例であっただけにすごく残念でありました。それと同時に鉄道運営というものは非常に現在では難しいのかなと感じました。