三陸鉄道
http://www.sanrikutetudou.com/


盛にて(03.01.02)

八戸から八戸線で久慈まで、そこから北リアス線に乗てみる。
久慈駅についたときはかなり雪が降っていたのを覚えている。
宮古行きの列車が来るまでかなり時間があったので待合室に行ってみるとかなりのお客さんが同じく列車を待っていました。国鉄の廃止対象路線を引き継いだ第3セクター鉄道として全国初めて開業した三陸鉄道だけあって利用者が多いという印象でした。
久慈を出た2両編成のディーゼルカーはほどなくトンネルと鉄橋が連続する中を走ります。確か途中の普代から先が国鉄時代工事はしたものの開通することなく三陸鉄道となって開通した区間だったと思いますがこのあたりもかなり海面より高いところに線路がある。
この日は宮古で泊まり、次の日に山田線経由で南リアス線で盛まで行くことにしていました。。
前日の雪とはうってかわり天気は良かったものの非常に風が強く、途中駅で対向列車が遅れていたり長い間止まったりしたため時間通りの運行にはならず、盛駅では大船渡線が三陸鉄道から乗り換える乗客のため発車時間を過ぎていたが待っていました。。