のと鉄道
http://www.incl.ne.jp/ntr/


富山湾が車窓に拡がる 藤波〜波並 (02.04.29)

万葉線を撮影した後、のと鉄道に向かう、途中硬券入場券でもあればと思い田鶴浜に立ち寄るが休日と言うことで駅の窓口は閉まっていた、能登中島も同様だった。休みぐらいしか立ち寄れない者としては休日は無人駅となってしまうのは合理化とはいえ残念である。その先の穴水の窓口できっぷを買うも硬券入場券はおろか硬券自体がもうなくなってしまったとのこと、代わりにあるのは乗車券箱にずらりとぶら下がっている軟券だけ、その軟券も種類は限られていてほとんどは券売機で買うようになっている。きっぷ収集が本来の目的ではないのだが、駅の窓口に硬券が入っている棚がおいてあったりするとそれだけで得したような気分でうれしくなってしまうが何とも寂しい限りである。ここ穴水から輪島まで鉄路があったのは記憶に新しい。珠洲まで乗った車両もだいぶ痛みが進んでいた。輪島までの路線を廃止してもそれでも状況はかなり厳しいのかと思う。