南阿蘇鉄道


立野 (98.04.08)

立野を出たレールバスはすぐにトンネルと川面から非常に高さのある鉄橋をわたってカルデラの大地に入っていきます。途中の駅は長い駅名があってたとえば「南阿蘇水の生まれる白水高原」は日本一長い駅名として有名であったけど現在は一畑電鉄にその座を奪われてしまいました。
このあたりは名水100選になるほどの水のきれいなところとして知られています。
高森についたときはすごい雨で撮影はあえなく中止となりました。カルデラ台地を入れた写真を撮りたかったのですが、阿蘇山も残念ながら見ることが出来ませんでした。
それならばと戻りの立野に行く途中阿蘇下田城ふれあい温泉で下車し、駅に併設の温泉で少し休憩とりました。
立野から豊肥本線で熊本に戻る車内、いろいろなことを考えていたらなぜか泣けてくる思いにかられました。ちょうど以前勤めていた会社を辞めてその直後の旅行だったのでこれから先のこととか考えていて不安定な気持ちでいたと思いますが、何でなのか今となっては思い出すことが出来ません。