神戸電鉄
http://www.shintetsu.co.jp/


三木〜三木上の丸 (07.01.03)
(訪問日2004/1/12)



北条鉄道に向かうため新開地から神戸電鉄線を利用した。
駅の掲示に粟生線が10月からワンマン運転になったとのお知らせが、ここも確実に合理化が進んでいるようである。
湊川をすぎ地上に出てから勾配がさらに急になった。最大50‰あるこの路線は少なくとも駅以外は水平のところは無いと思えるほど車内からも勾配の急さが見て取れる。そのため3両ないし4両編成全部が電動車のようである。
鈴蘭台で車掌が降りてしまいいよいよワンマン区間となる。しかしどの駅も自動改札で無人駅もあるがインターホンで遠隔監視されているのでドアはすべて開く、終点粟生や三木鉄道訪問後に寄った三木や三木上の丸など降りた駅すべて無人駅だったが券売機や自動改札はあってもかつては出札窓口だったと思われる場所などはすべてシャッターが降りておりかつ監視カメラが睨みをきかせている光景は合理化もここまできわまれりといった感じて少々寂しさをも感じた。
最後にひと汗流そうと立ち寄った有馬温泉はさすがに駅員がいて少しほっとさせられたが。。。