関東鉄道常総線
http://www.kantetsu.co.jp/


非電化では数少ない複線区間 取手 (01.10.07)

取手駅で1日フリーきっぷを買った。取手から乗った列車は水海道行きだったが常総線は下館行きも途中水海道で乗り換える様になっているのでいずれにせよ水海道では降りることになる。とりあえず守谷で途中下車して入場券を買った。守谷駅の駅舎はかなり古いもののようであるが結構いい雰囲気を醸し出していた。そのまま次の列車に乗って水海道に向かうと手前の車庫のあるところで止まった。これが信号所という路線図に書いてある場所だとようやく気がつく、はじめドアの上にある路線図をみたときに信号所なんて駅あったかなと思ったがようやく納得した。当然駅ではないので止まってもドアは開くことはないが時間によってはここで乗務員が交代するようである。
水海道から先は車両も1両となりワンマン運転になる。取手からの複線も水海道までだからここで運転形態が完全に二分されている。乗った車両は塗色をかつての常総筑波鉄道時代のものに復元した車両であった。下館の二つ手前黒子はホームに桜の木があり花の咲く頃来てみたい気がした。