伊予鉄道
http://www.iyotetsu.co.jp/


願いを込めて結ぶハンカチ 梅津寺 (97.07.31)

松山は思い出のある町です。
線路のある45都道府県に旅であれ出張であれ何らかの形で制覇していたのだが松山というか愛媛がまだ行っていない最後であった。高知から土佐くろしお鉄道、宇和島を経由してこの日ようやく達成出来た。
ただし沖縄には行っていない、単純な理由線路が無いから。
松山に行った初日は市内電車に乗った。当然のごとく道後温泉にも行って来た。
JRは松山駅であるが、伊予鉄は松山市駅であり間違えないように通常伊予鉄の駅は市駅と呼ばれています。こうゆうパターンは和歌山にもあります。
次の日は郊外電車の乗りつぶしをやった。朝のラッシュ時は3両で運転されていて時間が過ぎると松山市駅で古町寄りの1両を切り離して2両になる、切り離した1両は古町の車庫に戻っていくのだが、戻っていくときは片方の運転台しかない車両がぞろぞろと走っていくので見た目はちょっと変わった光景である。
高浜線の一部はこのとき高架工事をやっていて今はもう高架化も完了していることでしょう。
終点の高浜の一つ手前梅津寺は数年前のテレビドラマのワンシーンで使われた場所でそれにちなんで手すりにはたくさんのそれぞれに願いを込めたハンカチが結ばれていました。
松山の地下街でそれまでうどんばかり食べていたのでたまにはそばをと思い注文したらうどんの太さのそばが出てきた。。
絶句。。。。