東京急行電鉄池上線
http://www.tokyu.co.jp/


地下区間を行く 旗の台〜荏原中延 (02.01.03)

池上線は学生時代の思い出そのものといっても過言ではありません。
学校は蒲田にあって上京した最初の年は久が原から歩いて10分ほどにあった学生寮に入りました。その後寮を出てアパートで一人暮らしを始めましたがそのときもアパートは旗の台でしたので学生時代通学の足としてずっと池上線のお世話になっていました。
アパートに引越したその日の夜に旗の台から戸越銀座までそれまで地上を走っていたものを地下へ切り替える工事をやっていて次の日の始発から地下での運行をはじめたのを覚えています。
あれからすでに10年あまり、久しぶりにそして今回はカメラを持って旗の台や久が原に降りてみました。駅前の雰囲気はあの当時と変わりなく学生だったころを思いだしながら回りました。一方池上線の電車はワンマン化され、ステンレスのVVVFインバータ電車が走る路線に変わっていましたが、当時最後の活躍をしていた緑色の電車3000系の吊り掛けモーターの音は学生時代の忘れられない思い出のひとつです。