秋田内陸縦貫鉄道
http://www.akita-nairiku.com/


雪との格闘の末、40分遅れで鷹ノ巣に到着 (02.01.01)

東北新幹線の盛岡の手前ぐらいから雪がちらほらと降り始め、盛岡から田沢湖線を走っているとさらに降りが激しくなってきました。何となくいやな予感がしつつも角館駅に5分ほどの遅れで到着、乗る予定である内陸縦貫線の急行もりよし2号の発車時間はぎりぎりだったものの、乗り換えるお客さんが多くいたためこちらも発車時間を少し遅れての出発となりました。
窓の外は雪一色で視界もあまり良くない状態でした。線路に積もった雪を払いのけながら走るため、通常の速度では走ることが出来ず、徐行やそれほどではないもののかなりゆっくりとした速度で走り、途中の交換駅では同様に角館行きの列車が予定時間より遅れての到着となり、そのときもそのまま発車したのではレールに積もった雪で車輪がスリップしてしまうため一旦バックしてから走らせるという光景が何度かありました。阿仁合あたりで雪はやみ少し晴れ間も見えてはいたものの速度を落としながら走り、結局終点の鷹ノ巣に着いたのは40分遅れとなってしまいました。予定ではここで奥羽本線の乗り換えで約1時間ほど待ち合わせだったので待ち時間が減ってかえって良かったのかとも思いました。
そのあと乗った特急かもしかが秋田に90分も遅れて着くとはこのときは予想もしていませんでしたが。。